ホーム>結婚までの流れ

結婚までの流れ

結婚までの流れ

「そろそろ結婚したいな~」と思った時、色々な情報誌や経験者のお友達等より、たくさん情報を集められると思います

「情報が多過ぎてどれを信じたら良いのか分からない!」
「お金のデリケートな事は友達に聞けないし…」 という事態に陥ったりはしていませんか?

そんなお悩みの方に向けて、萬時 京都本店では、結婚に至るまでの基本的な事柄を分かりやすくまとめました!

基本中の基本をまとめましたので、これをご自身に当てはめてみて是非スケジュール管理をしてみて下さい!

全体の流れが把握できればおふたりのご不安もぐっと少なくなりますよ!

 

挙式予定1年前婚約指輪 挙式予定1年前結婚指輪 プロポーズから3か月以内

 

挙式予定の1年前 挙式予定の6ヶ月前 挙式予定の6ヶ月前新婚旅行先決め

 

挙式予定の1ヶ月前前撮り いよいよ本番! 挙式後の1ヶ月以内内祝い

 

彼にプロポーズされちゃった!一緒に婚約指輪を見に行こう編

挙式予定1年前

平均予算:40万円~

婚約指輪探し

婚約指輪(エンゲージリング)探し

どんなデザインがいいの?

ストレート?V字?ウェーブ?沢山デザインがあってどれが良いのか分からない!年を取ってもずっと着けるにはシンプルな方が良いって言うけどシンプルなデザインって好みじゃないし・・・

婚約指輪のデザインを決める為に大切なことは3つだけです。この3つを守って選んでいただければお年を召されてからも末永くご愛用頂ける婚約指輪と出会えますよ!

婚約指輪(エンゲージリング)探し

まず1つめは、必ず試着すること

指輪のデザインは指に着けてこそ分かるものです!HPやパンフレットで見た時と指に着けた時とでは印象が変わりますよ!実際に試着してみて「これが良い!」というものを選んで下さいね。
(ポイントは気軽に楽しんでお店まわりをすることです!迷いがあるうちは決めないで下さいね)

2つめは、今、一番好きなデザインを選ぶこと

「今、好きなデザインで選んだら、年を取った時着けなくなるんじゃ」と思っていらっしゃいませんか?逆です。今、好きなデザインを選ばなかったら、今、着けません。また、無難で好きでも嫌いでもないシンプルなデザインの婚約指輪を選ばれてもお年を召された時にシンプルなデザインが好きになっている保証はないのです
今、100%好きなデザインで選んで頂ければ、ちょっとした機会にも「婚約指輪を着けて行きたい!」という気持ちになるはずです。そうするとより沢山婚約指輪を着けて頂けますし、末永くご愛用して頂くことができます
(お洋服でも何回も着回しているものって同じものではありませんか?それと同じで本当に気に入ったものは自然と身に着けたくなるものです)

3つめは、ダブルセッティングの留め方を選ぶこと

ダブルセッティングとは、ダイヤモンドを2段階で留める方法です。2段階で留める事で、仮に何かの事故で1段階目が取れてしまっても2段階目がダイヤモンドを留めている状態なのでダイヤモンドが外れてしまう心配がないのです。女性が婚約指輪を着けなくなってしまう最大の理由は「大切なものだから壊したくない、大切にしまっておこう」です。しかし婚約指輪を贈った男性のお気持ちは「折角贈ったんだから沢山着けて欲しい」です
しっかりとした留め方でダイヤモンドを留めていれば日常生活で着けて頂いて壊れてしまうということはございませんので、安心して沢山着けて下さいね
(それぞれのブランドによって石の留め方や耐久性は違いますので、気になったことは是非問い合わせてみてくださいね!)

大切なものだからこそ大切にしつつも沢山ご愛用下さい!身に着けることで「貴方の気持ち伝わったよ。素敵な指輪ありがとう。とっても気に入っているよ」と彼氏様に伝わるのです。彼氏様もそんな彼女様を見て「頑張ってプレゼントして良かった。結婚したいと思った彼女の為にもっと頑張ろう」と思って下さるはずですよ

→萬時 婚約指輪作品はコチラ

プロポーズで婚約指輪を貰っちゃった!結婚指輪を見に行こう!編

挙式予定1年前

平均予算:25万円~35万円

結婚指輪探し

結婚指輪(マリッジリング)探し

えっ、こんなに早く探し出すの?

プロポーズされて、結婚の準備が具体的になってくると式場や衣装などの挙式準備に意識が集中してしまいます。そうすると指輪は後回しになってしまいギリギリになって探し出し、結果好みのデザインが見つからなかった…。なんてことにならないように結婚の準備が始まったタイミングで結婚指輪選びもスタートさせましょう!

結婚指輪は結婚の準備をする中で、唯一ずっと使い続けるものです。
是非おふたりの好みのデザインの結婚指輪を見つけましょう!

結婚指輪(マリッジリング)探し

お互いの好みを把握すること

「結婚指輪は絶対にペアじゃないといけない」と思っていらっしゃいませんか?実はこの先入観は間違って伝わったものです。 日本に結婚指輪の文化が伝わってきた際にペアで出してしまったのがそもそもの間違いで…。お互いに薬指に着ける事で結婚している事を証明する指輪なので別々のデザインでも大丈夫なんですよ!男性と女性はどうしても好みのデザイン性が違う場合が多いので、無理にペアにしようとして好きでもないデザインを選んでしまうと、数年後に外してしまう可能性が高くなってしまします。おふたりのご希望が本当にペアが良いのか、そうでないのかをしっかりと把握して下さいね!
(婚約指輪・結婚指輪専門店:『萬時 京都本店』の作品にはペアの作品で男性用と女性用のデザイン性が違う作品もご用意しておりますので、お互いに好みは違うけどペアが良いと悩んでいらっしゃる方は是非店頭へ遊びにいらして下さいね!)

 婚約指輪と重ね着けがおすすめです!

彼氏様から頂いた婚約指輪を日常的に着け易くする方法としては重ね付けという方法があります。結婚指輪を婚約指輪と重ねて着けられるデザインにすることで、ちょっとしたお出かけにも着けて行き易くなりますよ!婚約指輪だけだと「ちょっと大げさかな…」と考えてしまうお気持ちも、結婚指輪と重ねて着けるられることで「重ねて2本着けられるデザインなんだからファッションと一緒!普段着けている結婚指輪をお出かけ用に少し華やかにするだけ」と思えるはずですよ!着ける機会が増えれば贈って下さった彼氏様も「また着けてくれてる。気に入ってくれたんだな」と喜んで下さいますよ!

要注意!

彼氏様も彼女様も「結婚指輪はまっすぐでシンプルが良い」と思っていらっしゃいませんか?それは本当におふたりのお好みでしょうか?
結婚指輪のデザインに対する先入観は、皆様多かれ少なかれ持っていらっしゃいます。それが「まっすぐでシンプル」です。昔は今ほど技術が無かったせいもあって結婚指輪と言えば男性用も女性用もまっすぐでシンプルなものでした。しかし、今は技術も進歩して様々なデザイン性のある結婚指輪が誕生しています。とにかく沢山ご試着していただき先入観をなくして「あれ、これ良いかも」という指輪を探して下さい
(結婚指輪・婚約指輪専門店:『萬時 京都本店』にご来店のカップル様も、沢山ご試着いただいた後、まっすぐでシンプルな指輪が先入観でお好みとは違っていたと気づかれるカップル様がほとんどですよ!)

 

プロポーズから3か月以内

平均予算:5千円~1万円

互いの両親へ挨拶

互いの両親へ挨拶

挨拶の時、用意するものは?

簡単な手土産を持参しましょう。あまりに高価すぎる物は控えた方が好印象ですよ。あらかじめお互いの両親の好みを把握し、好みに沿ったお土産を用意しましょう。一般的にはお茶やお菓子が選ばれていますよ

服装はどうしたら良い?

ラフ過ぎないセミフォーマルスタイルが好ましいです。男性はシャツやネクタイで派手すぎないものを、女性はなるべくスカートで柔らかい印象の衣服を選びましょう。靴は着脱しやすいパンプスがおすすめですよ。靴を脱いだらストッキングに穴が!といった事は避けて下さいね

其の他…

同席している彼女様は是非婚約指輪と鑑定書のご紹介をして下さい。婚約するにあたっての覚悟を形にできる彼氏様だと両親に伝わりますよ。結婚式の日取りの希望がある場合は、この時お互いの両親に伝えて確認を取っておくと、後々スムーズに準備に入れます!
両親への挨拶が無事済んだら、会社の上司や友人にも報告を! 

 

挙式予定の1年前

平均予算:約300万円(挙式)
10万円(内金)

式場探し

式場探し

結婚式の形態って色々あるの?

結婚式と聞いてまず思い浮かぶのが教会での挙式「キリスト教式(教会式)」です。他には神社で神様に報告する形の「神前式」、菩堤寺等で先祖に報告する「仏前式」、両親や友人等に誓い合う「人前式」等がありますよ
宗教上の関係もありますので、おふたりの希望はもちろんのこと両家の意見もそれとなく確認するようにしましょう!

式場の決め方

おふたりが「ここで式を挙げたい!」と思うことが大前提ですが、あらかじめ、ある程度のしたい演出や人数、予算を考えておくと決めやすいですよ!無計画に探してしまうと思っていた演出が出来ない式場だったり、後々追加料金が掛かってしまい大幅に予算オーバーしてしまうことも…。
また言われるがままの最初の見積もりは最低価格で見積もられる場合があります。プランナーさんには早い段階で希望を伝え、しっかりとした見積もりを出してもらいましょう。その場合でも見積もり価格×約1.3倍の金額になると考えておきましょう
また、本人どうしだけで勝手に決めてしまうと、後々異論が出たりすると希望日に挙げれなくなったりしてしまうので、両親等に確認を取りながら決めていきましょう。アドバイスも聞けると思いますよ

要注意!

支払いについては早めのご確認を!基本的には現金払いですが、最近ではカードも可能な式場も出てきています。その場合ポイントもたくさん貯まりますよ

其の他…

式場が無事決まると、挙式の約3~4ヶ月前から打ち合わせが始まります。衣装・招待状・進行・BGM…等々、本当に沢山の細かい事を決めていかなければなりません。彼氏様のお気持ちとしては「彼女の好きなようにさせてあげたい 」ということから、どこまで手伝ったら良いのか分からない男性がほとんどです。彼女様は「いつまでに、何を、どう決めなければならないのか」をまとめて、彼氏様が分かりやすいようにリストを作ってさしあげて下さい。そうすることで「ここまでは自分が手伝っても良いのか」と彼氏様がサポートがしやすくなりますよ!
結婚式は「おふたりの大切な大切な行事」であり、スタートでもあります。協力し合って準備を進めて下さい

彼女様は抱え込み過ぎずに、彼氏様にサポートして頂きましょう!不安を溜めこんで感情が爆発するようなことは避けましょう

 

挙式予定の6ヶ月前

平均予算:10万円

食事会(結納)

食事会(結納)

結納とは?

結納とは、結婚が決まった両家の縁組みの儀式のことです。新郎の家からは新婦の家へ婚礼の用意(衣装、嫁入り道具など)のための費用や贈り物を贈り、新婦の家から新郎の家へは結納返しを渡すのが習わしとなっています。もともとは仲人をたてて行なわれるものでしたが、最近では仲人をつけて結納を行われる方は少なくなっています。
正式な結納を行わない場合でも、結納・顔合わせを兼ねた食事会を行うのが、最近では多いケースですよ

要注意!

本人同士が不要と感じていても、お互いの両親が必要と思っている場合もあるので、必ず確認をして下さいね!地域によってもしきたりが変わってきますよ

食事会(顔合わせ・結納を兼ねる)の場合どんな形式?

通常では本人同士と両親、計6名で行い、本人同士から結婚の意思をお互いのご両親に伝えます。ここで改めて彼氏様から頂いた婚約指輪をお披露目すると、軽い食事会から結納に代わる大事な席になりますよ。あとは固くなり過ぎず、両家の親睦を深められる席にしましょう
ホテルや料亭では「結納プラン」といったものを用意しているところもあるようですよ

 

挙式予定の6ヶ月前

平均予算:70万円

新婚旅行先決め

新婚旅行先決め

ふたりだけの時間を楽しむのが目的です!

憧れのハネムーン…。長期的な休暇を有意義に過ごしたいお気持ちも分かりますが、あまりあれこれと予定を詰め込み過ぎてしまうとお互いに疲れてしまいますので要注意です!

観光したいのか、ゆっくり過ごしたいのか、買い物を楽しみたいのか、目的を絞ると失敗しにくいですよ。観光ならヨーロッパ、ゆっくり過ごされたい方はニューカレドニアやモルディブ等ビーチリゾート、買い物を楽しみたい方にはハワイやグアム等の定番が人気です!目安としては1週間、帰国後のお仕事の事も考慮して旅行の日程を考えて下さいね。

要注意!

お土産等に気持ちを持っていかれ過ぎずに、彼とのふたりっきりの時間を満喫して下さいね。 

 

挙式予定の1ヶ月前

平均予算:20万円~30万円

前撮り

前撮り

前撮りって何をするの?

前撮りとは、予算や時間の都合上、結婚式では出来なかった衣装やまたは場所でおふたりの晴れ姿を前もって写真に収めることです。特に思い入れのある季節の風景、例えば桜や紅葉を背景にしての撮影や、洋装でお式をされる方は和装姿での撮影等が人気ですよ。

お式と違ってふたりっきりでの撮影ですので、結婚式とは違った遊び心を表現できますよ!よりおふたりらしい写真を残してみてはいかがでしょう

 

いよいよ本番!

結婚式・披露宴・二次会

結婚式・披露宴・二次会

結婚式を迎えられるおふたりへ

長い時間を掛けて迎えた当日。「何もかも完璧!」という方は多くはないと思います。しかし、忙しい中でおふたりが互いに支え合って作り上げてきた事をおふたりの大切な方々にお披露目することに意味があるのです。

様々な人が集まるので大なり小なりイレギュラーも起こると思います。けれども、おふたりがお互いを気遣い合い、また祝福して下さる皆様への感謝の気持ちを忘れなければ多少のイレギュラーがあっても良いお式になりますよ!そしてその日の思い出と、そこに至るまでのおふたりの支え合った経験はこれからのおふたりの人生の大切な財産になるはずです。  

本番ではおふたりが主役です!最高の笑顔を忘れずに、緊張し過ぎないで、楽しんで下さいね。お友達とはしゃぎ過ぎるのはお気を付け下さい

 

挙式後の1ヶ月以内

平均予算:頂いた額の1/2程
5千円程度が目安です

内祝い

内祝い

内祝いって?

お式に参列はして頂けませんでしたが、ご祝儀を頂戴した方にするお返しの事です。挙式・新婚旅行と大きな行事も終了し「やっと一息」したい気持ちは分かりますが、出来るだけ早い段階でお返しましょう

食器やタオルが一般的ですが、お相手が選べるギフトが人気です  

ご来店の前にご覧ください
先輩カップル様の声
ページ上部へ